日本人の人生儀礼

安産祈願(着帯祝-ちゃくたいいわい)

一般的に、妊娠5ヶ月目の戌(いぬ)の日を選んで神社で安産の祈願をし、祈願を受けた腹帯を妊婦の腹に巻きます。 戌の日を選ぶのは、戌の安産多産にあやかるためとか、よくおぼえて邪気を払うことなどからいわれています。

安産祈願

お七夜の祝(おしちやのいわい)

生まれてから七日までに名前を付け、七日目のお七夜には親戚や近所の人を招いてお祝いします。 そのとき神棚や床の間に名前を書いた神(命名書)を貼って、神様に家族の一員としてお守りしていただき、無事成長するよう、お祈りします。

お食初め

生後100日目、地方によっては110日目か120日目に、一生食べるものに困らないように祈る行事です。皿など一式のお以前で赤飯に鯛などを食べさせるまねをする儀式です。

なお赤ちゃんに食べさせるまねをする役目は、長寿にあやかるように近親者のなかで長寿の方にお願いするのがよいでしょう。

初宮参り(安産祈願のお礼参り・願ほどき)

地域によって違いがありますが、日南地方では男の子の場合生まれた日から数えて31日目、女の子の場合33日目に日が晴れてから自分の住んでいるところへの神社(氏神さま)はもちろん、 安産祈願をされた神社にお参りをします。

神様に一人の人間として、また氏子として認めていただくよう、さらには子どもが無事生まれたことを神様に感謝するとともに、健康と長寿をお祈りします。

初宮参り

七五三参り

七五三参りは、男女3歳、男子5歳、女子7歳の時のお祝いです。11月15日が七五三の日と云われるようになったのは、 江戸時代、徳川綱吉の子の徳松5歳のお祝いが行われたことからも、暦の上で最上吉日に当たるからとも云われています

3歳の男女の時は髪をのばしはじめる『髪置』(かみおき)のい祝で、5歳の男子の時は『袴着』(袴着)といって初めて袴をはくこと、また7歳の女子の時は『帯解』(おびとき)といって幼児用の紐を解いて大人と同じ帯を使うお祝いです。

神社にお参りし、これまでの無事に感謝し、これからのさらなる成長をお祈りします。

七五三参り

成人式

かつては『元服(げんぷく)』といって公家や武家では、男子が成人になったことを祝い、加冠(かかん)といって初めて冠をつける儀式がありました。現在では20歳になった男女が、大人として社会に認められ祝福を受けます。

各自治体でお祝いの催しが行われますが、神社にもお参りして、これまでの感謝を奉告し、今後の健康長寿などをお祈りしましょう。

成人式

神前結婚式

結婚式は、新たに家庭を築くことで本人同士はもちろん、互いの家族や社会にとっても重要な出来事であるため、人生の大きな節目の大切な儀式です。

ご神前にて夫婦になることを誓い、新しい生活を送ることを奉告し、末長い家庭の幸せと子孫繁栄をお祈りしています。

神前結婚式

厄祓い

厄年の年齢は、数え年で、男性が25、42、61歳、女性が19、33、37歳とされ、その前後を前厄、後厄といいます。中でも男性の42歳、女性の33歳は大厄としてとくに慎まなければならない年齢とされています。

厄年には人生の節目として、体力や家庭、社会、環境などから災厄にあうおそれが多い時期と考えられ忌み慎まれてきました。そのようなことから古くより神社にお参りして、災厄から本人はもちろん、家族全員を守るために厄祓いが行われてきました。

年祝い

長寿を祝う儀式を「年祝い(算賀)(年寿)」といいます。数えの61歳を還暦といいます。干支は60年で一巡して初めに戻る、つまり暦がもとに還るのでその由来になっています。

他にも古希(こき)70歳、喜寿(きじゅ)77歳、傘寿(さんじゅ)80歳、米寿(べいじゅ)88歳、卆寿(そつじゅ)90歳、白寿(はくじゅ)99歳、上寿(じょうじゅ)100歳などがあり、いずれも数え年です。

これらの年には、無事に人生を送れたことへの感謝と喜びを神様に奉告します。

年祝い

Copyright(c) 2013 xxx All Rights Reserved.